KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 23日

たまにはマジメに書いてみる(前編)

オチのないブログを更新するのもどうかと思うのでありますが、そんな日々おもろいことなんてないから書けないよね。かといってウソはつけないもんね。
事務所のHPとリンクしているから下手なことは書けないよん。
仕事野郎のオレにはそんなにネタがないのである。
だから今日はまじめに書いちゃおっかなー。
サブタイトルは「これといって何も無い男」と命名。

いたって普通のガキだった。
年齢は15才(ピチピチの高校1年生)の頃のはなしだ。
一応サッカー部に所属していたオレ。
自称「石川のレコバ」と言っていた。(オレは右利きだぜ)
練習には参加していないが、試合にはキッチリ出るのである。その日は隣町の弱小サッカー部との練習試合。もちろんオレも出場だ。背番号は「10」。だれもつけたがらないのでエースナンバーをつけるはめとなったオレ。まあそれは良しとしよう。なんでポジションがDFなんだ。10を背負ってセンターバックは無いぜ土田先生。
土田先生はオフサイドすらわかってないのでとてもお茶目な監督である。
時刻は正午ちょうどにキックオフ。
部室に転がっている誰のかわからないスパイクを履きこなし。いざ出陣。
前半5分。0-0。審判が恐ろしい剣幕でオレに近づいてくる。
審判「ピーーー(笛の音)」
オレ「?」
審判「君。スネアテは?」
オレ「ないっす」
※スネアテとはケガをしないように靴下の中にいれる道具。
審判「ケガしたらどうするんだ!」
オレ「大丈夫っす。余裕っす。」
審判「ピーーー(笛の音)」
審判は自信満々にオレにイエローカードをかざしてきたではないか。
試合には出るが、練習には出ないからあいにく道具はもちあわしちゃいないぜコノヤロー。
土田先生爆笑。
再び試合再開。
前半35分。0-3。ボロ負けムードがただよう中、懸命にがんばる石川のレコバ。(ポジションはDF)
相手チームのスルーパスが通った。
受けたのは相手チームのイケメン10番。彼にパスが通ったと同時に相手チームの美人マネージャーからその日一番の黄色い声援が飛ぶ。
ムカつくぜ。完全に裏を取られたオレ。後からタックルで削ってやろうか。前日のイメージトレーニングでは完璧に殺人タックルを決めていたオレ。でもダメだよ。オレはすでにしょーもないことでイエローをもらっているからね。ってか今のはオフサイドだろ!副審にアピールをする。するとライン際を土田先生が走っている。そう、今日は彼が副審を務めているのだ。
「しまった。あいつはオフサイドを知らねぇ」。相手チームの10番は全盛期のマラドーナ並のドリブルでキーパーを抜き去りゴールを決めた。
ハニカム笑顔が爽やかな相手の10番。
結果は0-7の大敗。
ホロ苦試合デビューとなった訳だ。試合後の足の匂い最悪。誰のスパイクだ。土田先生は「今日はビールがうまいぜ」との一言でミーティングを締めくくった。
そんな学生生活だ。
もちろん勉強はできない子だった。赤点は最高で5つ。数学は常に0点。でも保健体育は好きだぜ。スポーツはまあまあ。女の子にはモテない。sexは下手だ。ファッションセンスは35点くらいかな。趣味はないよ。特技も無いし。しゃべりはうまくない。夢もなかった。これといって何もない男だった。

ただそんな普通君の僕は一冊の本と出会うのである。
18歳の夏のことだ。
後編へつづく・・・


※レコバ・・・サッカー選手。ウルグアイ代表の10番。利き足は左。すんごいフリーキックを武器としている。
b0278222_826052.jpg

[PR]

by kelu-n | 2010-04-23 02:21 | ほかのこと


<< たまにはマジメに書いてみる(後編)      えぶりでぃdeかっぷらーめん >>