KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 11日

ふとんがふっとんだ

しょーもない。
実にしょーもないタイトルでお届けする今日のブログ更新は、僕にふりかかった昨日(日曜日)の出来事であります。
とてもしょーもないので読まない方がよろしいかとも思います。

僕はその日あいかわらずの絶好調だった。
朝からの仕事を終えて昼の1時に帰宅したわけであります。今日はためこんでいた洗濯や掃除を全て終わらせようとたくらんでいたのだ。帰ってきたと同時に洗濯物を洗濯機にぶちこみスイッチオン。そして布団をベランダに干し、ジャガイモしか入っていないカレーを食し、クイックルワイパーで床を掃除。
ここまでは完璧に家事をこなす25歳独身男性(彼女いない歴2年)。
仕事はできなくても家事はテキパキこなしちゃうぜ。
その後洗濯物を外に干し、バルコニーに干していた布団を裏返しに向かったわけだ。その辺に転がっていた服を掛けるハンガーでふとんをパンパンしてほこりを落としていたのです。
するとどうだ。パンパンが楽しくなってきたではありませんか。
パンパン。
裏返してパンパン。
反転してパンパン。
また裏返してパンパン・・・。

「うぉーーー」
宮崎の街に僕の叫び声がこだまする。
ふとんがふっとんだのだ。
(というよりもふとんが手からすべり落ちたのだ)
ふとんはそのまま隣のマンションの屋上に落下。
まずいぜ。あのふとんは田舎のばあちゃんからのプレゼントだ。とても大事にしているふとんがふっとんだのだ。急いで救出に向かわなければならない。その時僕のファッションはTシャツにパンツ、そしてハイソックスという変質者スタイルだ。でもそんなこと忘れているほど気が動転していた。急がねば。慌ててスーツの時に履く革靴を履きこなし外へ。屋外階段からふとんの無事を確認。僕の部屋は5Fで隣のマンションは3F建て。何度も言うけどその屋上にふとんがふっとんだのだ。
屋外階段から隣のマンション屋上までの距離は1メートルほど。飛べば届かない距離ではない。
僕は屋外階段の手摺にのぼって隣の屋上にダイブした。その様は仮面ライダー顔負けの跳躍力とアントニオ猪木顔負けの勇気だ。
「とうっ」。
・・・着地成功。ふとんの無事を確認し、いざ戻ろうとした。あれ・・・。屋上から見た屋外階段までの距離がとても遠く感じるではないか。これは僕の跳躍力では届かない。さあどーする。このままミスって下に落ちてみろ。そんなにダサイ死に方はないぜ。次の日のニュースでは25歳独身男性がふとんを救出に失敗し転落死。それは出来るだけ避けたい。そんなダサイ死に方は親、兄弟に申し訳ないからね。
さあどーする。ふと僕はその時、我にかえった。なんて変な格好だ。Tシャツにトランクス、そして革靴を履くという変質者スタイルではないか。
まずいぜ。なんとかして人にバレずに家に戻る方法を考えないといけない。ウロウロすること5分。あ!屋上から下に降りれるハシゴを発見。これしかないよね。うん、そうだよね。ふとんをかついだ状態でハシゴを下り人様のマンション内に侵入(ファッションは変質者)。物音をたてずに階段を駆け下り、エントランスから道路へ。
ふっふっふ。まだバレてないぜ。
その後自分のマンションへ戻り階段を駆け上がって行った所でばったり管理人のおばちゃんに遭遇。(ファッションは変質者。彼女いない歴は2年)

開いた口がふさがらないってよく聞くよね。管理人はまさにその状態。
動転している管理人さん以上に僕は気が動転していた。
思わず僕の口から出た言葉はこうだ。


「イイ天気ですね・・・。」


その後は管理人の返答を待たずして僕は階段を駆け上がり部屋に戻ったっていうはなしだ。
実にしょーもないブログ更新で申し訳ない。
b0278222_8404565.jpg

[PR]

by kelu-n | 2010-05-11 01:41 | ほかのこと


<< DAYONE      たまにはマジメに書いてみる(後編) >>