KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 01日

ウォシュレットの悲劇

今では当たり前のようにお便器に装備されているウォシュレット。
最近事務所を引っ越したんですがね、そこの便所にはウォシュレットがついているのであります。ウォシュレットを見ると「あの日」を思い出しちゃうんだよね・・・。
画期的な設備の様に思われているのだが、時に恐怖となり人間に襲いかかることがあるのである・・。

これは僕が小学校4年生くらいの頃のおはなし。

ちょーどその頃はJリーグができたばかりでサッカーが人気だった。でね、その日はエキサイトステージ95というスーファミのサッカーゲームをM君(友達)の家でやっていたのだよ。このゲームはコーナーキックからカーブをかけてゴールを決めることができるという今思えば不思議なゲームだ。コーナーキックを蹴らせたらオレの右に出るものはいなかった。「コーナーのイナピー」と言われる程だった。ちなみにイナピーはオレのあだ名だ。その日もコーナーからガンガンに点を重ねて連戦連勝状態だった。
その時だ!
夕方5時のサイレンが町中に響き渡ったではないか。夕方5時のサイレンは小学生の中では「家に帰る時間」の合図なのである。
これは暗黙のルールだ。
おしっこをしてから帰ろうと思った僕はトイレに行ったんだ。ちなみにM君の家はおじいちゃんが政治家、お父さんが議員さんという家なので、ちょーお金持ちの家なのだ。だからM君の家には小学生の遊び道具がいっぱいあるのでほんとに楽しいの家である。その中でもトイレはすごい。当時のトイレとは一味違い、なんというかハイテクなのである。ウォシュレットがまだ世間に知れ渡っていない頃である。

ジャーー。

おしっこを済ませた僕。
水を流すよね。
うん。そうだよね。
あれ?水を流すやつがないよ!
大か小かで90°にひねって流す「あれ」がないよ!
スーパー貧乏育ちのイナピーにはよくわからない便器だ。
どーしたらいいのかなー。
なんか横にボタンがいっぱいあるなー。
M君の家のトイレはすごいなー。
どれが水を流すボタンかなー。
うん?なんかそれっぽいボタンを発見。
ケツめがけて水が出てるイメージ図付きのボタンだぞ。
これかなー。
これしかないよねー。
うん。そうだよね。
よし!押しちゃえ!
エイっ!
その時だ。
なにやら便器の奥深くから突起物が顔を出したではないか。
???
ビューーーー。
うわっ!なんだっ!
オレはイマイチ状況が把握できていない。
突起物からオレめがけて水が飛んできているではないか!
うわっ!なんなんだよ!
パニクるイナピー。
やべー!マジやベー!
水は下に出るもんだろ!
なんで上に飛んでくるんだ!
どーしたらいいんだ。やべーよ。
とりあえず体を回転させ水を避ける。
とっさの判断だ。
水を避けてはいるが、どんどんトイレが水でビチャビチャになっていく。
まずいぜ。
このままでは「コーナーのイナピー」と呼ばれていたオレのあだ名が明日から「便所ビチャ男」となってしまう。コーナーキックで積み重ねてきた名声が崩れ落ちてしまうのである。それはなんとしても避けなくてはならない。
とりあえず、これまたとっさの判断で上にきていたシャツを便器の上にかぶせた。
落ち着け。落ち着け。
とにかく突起物を引っ込めることが先だ。
どのボタンだ!
これか!
エイっ!
ビュビューーーー。
水が強くなったではないか!
オレはこの段階で半泣きだ。
助けを求めるか?
いや。それはまずい。
便所ビチャ男は嫌なんだ。
自分でやるしかない!
自分で切り開くしか道は残っていない。何事においてもだ!
自問自答中のぼく。
イナピーvs突起物(ウォシュレット)の短い戦いが始まった。
そうだ!まず突起物だ!
あいつを引っ込めないことにはオレの勝ちはない。
どれだ!
どのボタンだ!
これか!
今さらビビっててもしょうがないだろ!
シャツも便所もビチャビチャだ!
なんのボタンだろうが関係ないぜ!
エイっ!
するとどーだ。
ビーーーー。という音と共に突起物が引っ込んでいくではないか!
はー。よかったー。
安心するイナピー。
と、その時だ!
ビーーーー。
再び突起物登場!
うわっ!なんなんだよ!
今度は広範囲に向けて水を発射してくるではないか!
この段階で本泣きのイナピー。
ヤベー。マジでヤベーよ。
どうやら突起物は再戦を要求している様子だ。
またシャツを便器の上にかぶせる。
ふー。なんなんだよこの便器は。
その時だ!
外の廊下から物音がする。
気付かれたか?
まずいぜ。
息を止める。
・・・。
ツカツカツカ。
どうやらM君の家族の誰かが廊下を通ったようだ。
ふー。まだバレてないぜ。
一息ついた僕の目の前にあるボタンが見えた。
「止」
!!!
あれ?こんなボタンあったっけ?
エイっ。
ビーーーー。という音とともに突起物が引っ込んでいく。
突起物さんサヨウナラ。
その後はビチャビチャの便所をトイレットペーパーで拭き拭き。
クソ寒い真冬の中をTシャツ一枚で帰りましたとさ・・・。
北陸の冬は厳しいぜ。
僕がその突起物をウォシュレットと知るのはまだ先のことである。
b0278222_1153014.jpg

[PR]

by kelu-n | 2010-07-01 23:38 | ほかのこと


<< 建築なう      翼をください >>