KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 04日

いただきます

レディース アンド ジェントルメン!
ボーイズ アンド ガールズ!
タッキー アンド ツバサ!
カレー アンド コーヒー!
フローリング アンド バルコニー!


ども。稲森です。こんばんは。


いつもいきなりでごめん。
「食べ物ブログ」って知ってます?
最近、若人(わこうど)のあいだでよく見られるもんらしいんだ。今日、食べたものを画像と共にみなさんに紹介したりするものらしいんだけど、例えばどんな感じかと言うと今から稲森が簡単に「食べ物ブログ」やってみますね。






○月×日(土) 晴れ
b0278222_14542786.jpg

チョリーッス。

稲森でーす。

さむーい。

ちょーさむーい。

風邪ひくー。みたいなー。

今日は吉牛食べましたー。

うまし。ちょーうまし。

しかもなんと280円だよー。やばくなーい。

デフレー。

ちょーデフレー。






まあ、こんな感じになるかな。
でもこんなこと書いてたらたぶんコメント欄に「だからなんだ」とか「黙れ」とか言われちゃうよね。だから食べ物をテーマにしたブログやんないんだ。たぶん誰もオレの食のことなんか求めてないし聞きたくもないだろうから。

が、しかし。
そこはチャレンジャー稲森。
今日はそこにチャレンジします。
がんばりますので、どーぞよろしく。



サブタイトルですが「食から見る人の心」でどうでしょうか?
シブいサブタイトルでしょ。
大人の食べ物ブログってのを見せつけよかと思いまして。
まず、最初に言っておきたいことは「食べる」ということを大事にしている人はとても素晴らしい人です。間違いないです。いただきますってちゃんと言える人、作り手に対しておいしいって素直に言える人、誰かのためにがんばってごはん作ってる人などなど、「食」を大切にしている人はほんとに心豊かな人で尊敬します。食事という行為は、生きていく上で絶対に必要な行為です。その為、「なんでも腹に入れば一緒」と考える輩も少なくありません。しかしそれでは人生の楽しみの大半を放棄していると言っても過言ではありません。絶対に必要な行為だからこそ、そのクオリティを上げ、毎日の生活を豊かにするべきです。直接的に言うと「もっと美味いものを食べなさい」ということです。

あ。すいません。
つい熱くなってしまいました。
食べ物のこととなるとつい。
そろそろ僕もご飯を食べなきゃです。
お腹がへったので。
ではでは。
いただきまーす。
b0278222_14555386.jpg

[PR]

by kelu-n | 2010-11-04 23:53 | ほかのこと


<< monnaka R      オレの曲を聴いてくれ >>