KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 21日

今年最後のブログ

b0278222_15563641.jpg

え?ちょっと待ってください。
小野妹子さんってこんなイカツイ顔してるんですか?
ひょえー。信じられない。


皆様いかがお過ごしでしょうか。稲森です。


先日のブログでも書きましたが、僕の愛車(愛チャリ)のマウンテンサンダー号が壊れたことをご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思います。あれだけ修理だ何だと言っておきながら新しいの買いました。愛嬌のある自転車が欲しかった僕はネットで買いました。

だから、早速ですけど名前を考えてあげなければなりません。
チャリに名前を付けてどーすんだと思われたかもしれませんが、物であろうと動物であろうと人間であろうと同じです。つけられた方もきっと喜ぶでしょうから。
ちなみに僕の名前は「予人」と書いて「やすひと」と読みます。親父が付けてくれました。生きていて一度も「やすひと」なんて呼ばれたことは無いですね。だいたい「よじん」か「よひと」って呼ばれます。やすひとって本当は読めないんですけど、枠からちょっとはみ出す位の人間になって欲しくてそうしたんだそうです。まあ枠にピッタリの普通の子に育ちましたけど。
漢字の「予」は予知とか予言とかの意味らしくて、相手が僕にして欲しい行動や相手が僕にかけて欲しい言葉を先に考えて、相手に優しい言葉をかけてあげられる人間になってほしくて付けたそうですが、まったく出来ておりませんね。己のために生きてます。
子供の名前というのは出生してから2週間以内に役所に出さないといけないそうですが、うちの親父は迷いに迷って期間内に出せなくて、1日遅れで出しに行って怒られたという話をオカンから小さい時に聞いたことがあります。ちょっと嬉しかった。
年末だから言いますけど、僕はいつも「自分の名前のような男になる」を目標にしてますが、全然できないので毎年言ってます。ブログを読んでいる皆さんも自分の名前のような人になるってのを来年の目標にされるのをオススメします。ステキな目標だと思いますよん。きっと小野妹子さんも名前負けしないように頑張られたことでしょう。わかんないけど。
話を戻しますけど、そんだけ名前って重要ですね。つけられた側はずっとその名前だし、責任は重大。それは自転車でも一緒なんだ。何か色々と考えてたら一つ良いのが浮かびました。



「ビクトリー・デンジャラース号」
これでいきます。決定です。
ふっふっふ。
b0278222_15565279.jpg

ではでは、今年最後のご挨拶をブログでします。
今年も色々ありました。
ほとんどが楽しくて勉強になることでした。
人間は死ぬまで勉強ですね。
「ブログおもしろいですね」と声かけてもらうことも結構ありました。
一年間で2回くらいは鼻で笑える程度の笑いを皆さんに提供したのでないかと思います。来年は3回の鼻笑いを取れればいいかな。皆さん色々ある中でがんばっておられるでしょうから、すべり笑いを提供することでハッピーになってもらえて。親父が僕につけた「予人」って名前に少しでも近づけるんじゃないかって勝手に思ってます。
ではでは良いお年を。


稲森予人
[PR]

by kelu-n | 2010-12-21 23:55 | ほかのこと


<< 顔文字のお勉強      クリスマスソングを作ろう >>