KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 08日

ごあいさつ

b0278222_22372580.jpg

私事で恐縮ですが3年間お世話になったcogiteを退職致しました。短い期間だったけど数えてみると18件担当させていただいて思い出もいっぱいです。固まってないコンクリートに足を突っ込んだり、間違って大事な柱に落書きしたりと色々なことがありました。まあ、どれをとっても同じ建物が無く毎日が刺激的で大変だったけど、最後にはステキな建物が引き渡せたと思います。能力も学も無い僕がこの仕事を続けてこれたのは、たくさんの方に助けてもらったからだと感じています。心より感謝してます。
堅苦しい挨拶が僕は苦手なのでここからはラフに自分の考えを書かせてもらいますね。いきなりなんだけど、設計はとても難しい仕事です。家を一軒建てるってことは色々なものと向き合っていかなければいけません。予算のことに始まり最終的にはトイレットペーパーが左にあるか右にあるかまで考えないといけない。僕はトイレットペーパーは左派かな。まあどっちに付いていようが慣れちゃえば関係ないんだろうけど。でも世の中には「絶対右です!」って言われる人もいます。他にもいっぱいありますよ。例えば段差のところに出っ張りがあれば「うちの子がケガしちゃうから段差は無しにして!」と奥さんが言ったあとに、「ちょっと頭ぶつけたくらい大丈夫ですよ。痛い思いしないと覚えないでしょ。」ってご主人が言います。敵を作るのが嫌な僕は「えへへ」と返しますが、どちらも正解です。これはほんとにどっちも正解。だって十人十色なんだもの。たくさんの考えに寄り添って柔軟に答えを出してゴールまで連れて行くのが僕の仕事。楽しいことばかりじゃないけどそんなケンチクの世界が僕は好きだ。ずっと悩まないといけない時間も好きだ。
下の写真は二日徹夜して作った模型でした。いつも模型が出来上がるのは当日の朝だったな(笑)
辛いときもあったけど楽しかった。ありがとうcogite。
b0278222_22373912.jpg


それともうひとつ。
ずっと夢だった自分の設計事務所を地元の石川県に戻って設立しました。横からつつかれたら倒れちゃいそうなグラグラな船出ですが、どの仕事にも真摯に向き合えば何か残っていくのではないかなと思ってます。がんばります。少し素っ気ないですがお礼を兼ねて独立のご挨拶まで。

稲森予人
[PR]

by kelu-n | 2012-12-08 22:38 | ケンチク


<< ごあいさつ2      MDA >>