KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 13日

エアコンの室外機

しかし今年は降りますね。

三年分は降ったのではないでしょうか。

毎朝の雪かきは正直飽きてきましたね。。。



ところでどっこい皆さんはエアコンの室外機まわりの雪はどうされてますか?

室外機の周りの雪が原因で「エアコンが温まらない」とか「室外機が動かない」などなど困ったことがおこります。

室外機は建物の裏や家と家の間にあることが多いのでそこまで救出する元気が出ないものですよね。

でもそんな時は長めの板状のものを渡してください。

まずは雪の中にズボっとはまらないようにしちゃいましょう。

我が家の場合だとフローリングのサンプルがあったのでソレで救出に行きました。

こんな感じ↓

b0278222_11131984.jpg

あ!それと注意点なのですが軒先からツララや雪が落ちてくるかもしれないのでそんな時は要注意です。

室外機まわりの雪は吹き出し口から出る冷たい空気によってカチコチに凍っていることが多いのでなかなか壊れません。

氷を砕く際は室外機を傷つけないように注意してね。

あとは気合。

吹き出し口と吸い込み口周辺の雪を30cmは空けるようにしましょう。

吸い込み口がふさがっていると効率が悪くなるばかりか電気代が高くなったり故障の原因となります。

もちろん室外機をフードor屋根付きのものにしたり高置台をつけておくのがベストですが、

我が家はケチったのでどのオプションも付いておりませぬ。

気合でがんばりましたー。

b0278222_11140394.jpg

北陸の人だとみんなが知っているような豆知識でしたがご自宅の室外機がどうか皆様も一度チェックしておきましょう。

これだけの大雪だと予想もしない色んなことがあるので要注意ですね。

早く春が来ないかな。。。







[PR]

by kelu-n | 2018-02-13 11:17 | ケンチク


<< はじめての冬。      県庁展望ロビーから >>