KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

Mr.ポジティブ稲森(後編)

前回までのあらすじ。
タダで海外に行けちゃうんですか?から始まった韓国ホームステイの旅。13歳の稲森は、そのホームステイメンバーに入り込み、無事に韓国へ旅立った訳だ。その時、僕が知っている事は「カムサハムニダはありがとう」という意味だけだ。ホームステイ先のパクさん家族と対面し、向かったお家はタワーマンションの最上階。そう、ちょーお金持ちの家なのだ。しかもしかもなんとホームステイ先の同級生は女子だ。しかもしかもしかも女子は稲森のタイプである。これからMr.なるようになるさ稲森をどんな韓国生活が待ち構えているのでありましょうか。
ではでは、チャンネルはそのままで。


ホームステイ二日目の午後より・・・


ふっふっふっふ。
楽しい。
実に韓国は楽しい。
日本とは大違いだ。
おかんに怒られ。
兄貴に叩かれ。
部活の先生にケツを蹴られ。
担任の先生の補習を逃げ回っていた日々とは大違いだ。
そうだね。僕は今ソウルの町をデートしております。
ホームステイ先の同級生スービンさんとね。
ふっふっふ。

彼女は僕に何か言っています。

「fわgpfじゃw9んgハムニダ?」
「えっ?なに?」
「hうぇgtyを9y8gt4あwムニダ?」
「えっ?なんだって?」
「sんふぃおうぇムニダ。」
「オッケーオッケー。ジェスチャーぷりーず」
彼女は自動販売機を指差しています。どうやらジュース飲む?的なことを聞いていたのでしょう。まあそんな感じで僕は日々を過ごしていく訳であります。言葉が通じなくても世の中なるようになるもんだね。
そんなこんなでキムチがちょっと飽きてきたくらいの2週間後のことである。稲森は考えたのである。良い所を韓国ガールに見せなくてはならない。Mr.単純稲森はそう思ったのだ。でもどーするよ。皆さんご存知の通り稲森は何も持っておりません。これといって何もない男でございます。
そんなことをたくらんでいた時にパクさん宅のTELが鳴る。
TELの相手は飛行機の中で「なぜ講習を受けなかったんだ!」と怒っていた引率のおっさんからである。そう、彼は通訳などの業務も引き受けているハイパーオヤジなのである。みんなでサッカーをやるからグラウンドに集合とのこと。ふっふっふ。なんというグッドタイミングでしょうか。このサッカーでナイスゴールを決め、韓国ガールのハートをゲットするのである。名付けて「アニョハセヨ大作戦」。稲森はかつてJリーグの影響で小学生の時はサッカーをよくしていたので、そこそこイケル方だ。中学に入ってからはスラムダンクの影響でバスケをやっていた。でも大丈夫。ボールをゴールに入れればオッケーなので根本は同じだ。グラウンドにはかなりの人数が集まっていたのである。
スターティングメンバーはこうだ。
まず相手は韓国人11人の1年生チーム。そしてうちは日本人5人+韓国人6人の混合チーム。なんでだろうね、相手チームがニヤケている。どうやら日本人をナメているようだ。
まあ笑いたいやつには笑わせておけばいい。オレ的にはそんな事はどーでもいいぜ。ナイスゴールを決めた後、調子が良ければ日本伝統カズダンスをして韓国ガールのハートをキャッチしなければならないからね。そう、「アニョハセヨ大作戦」だ。
(アニョハセヨとは韓国語でこんにちはの意味)
ポジションは左サイド。そして審判はハイパーオヤジ(引率のおっさん/国籍は日本)なので日本寄りの笛を吹くであろうと思われる。そうだね。アウェイと見せかけてホームなのである。

ピーーー。いざキックオフ。

前半5分。
稲森は早々と気づいた。完璧に向こうの方がうまい。
足元に吸い付くような柔らかいトラップ、そしてドリブルで相手陣内に切り込める技術、シュートへ向かう姿勢、そして何より韓国ガールが韓国チームを応援している。
まずいぜ。
思ってたのと全然違うよん。
良い所を見せるつもりが日本人のへなちょこっぷりが浮き彫りとなっているではないか。しまった。このままではまずい。作戦は変更だ。作戦Bに変更だ。とにかくボールを奪わない事には始まらない。ボールを奪いロングボールを前線に上げてカウンターをしよう。そこで稲森は下がり気味のポジションに移動し、ラフプレイに走る訳である。そう、相手チームのイケメンからボールを奪い取り韓国ガールのハートを射止める。
名付けて「マシッソヨ大作戦」だ。
(マシッソヨとはおいしいという意味)
相手チームのイケメンが日本陣内にドリブルで切り込んでくるぅ〜。
それを見て韓国ガールの声援が高まるぅ〜。
ムカつくぜ。ジェラシー感じちゃう。
稲森は小学生の時に漫画・リベロ武田君で読んだ技術、「審判の見えない所でファウルをする」。これで勝負をかける訳である。審判の見えない位置で相手のシャツを手で引っ張るという技だ。うまいサッカー選手ほど手を使うのがうまいのだよん。
えいっ。
相手のイケメンのシャツをグイっと引っ張る。
その瞬間イケメンはバランスを失い前に倒れ込む。
ピーーーー(笛の音)
審判(ハイパーオヤジ)が近づいてくる。
「何をしているんだ!危ないじゃないか!」
ハイパーオヤジは怒っている様子だ。
どうやらハイパーオヤジはオレの事が嫌いなようだ。
日本での講習サボったからかな。やっぱりアウェイだぜ。
それはいいとして韓国人はファウルのもらい方がうまい。
何事に置いてもオレより上だ。なす術なしだっちゃ。


ピーーーー。(終了の笛の音)

・・・負けたよ。
大敗だよ。点数は覚えてられないくらい入れられたよ。
そんな感じで作戦は大失敗に終わったのだ。
結局、この話にはたいしたオチなんてないのだよ。ごめんね。
その後は、とても楽しいホームステイを満喫し、国に帰りましたとさ。

韓国の旅で心残りは日本伝統のカズダンスを見せつけれなかったこと。ただそれだけが今でも心残りである。
b0278222_1955774.jpg

[PR]

by kelu-n | 2010-07-31 23:45 | ほかのこと
2010年 07月 25日

Mr.ポジティブ稲森(前編)

最近気になってしょうがない言葉は「我慢のゴルフ」。
どーもみなさんこんばんは。稲森です。

いやー。夏休みの季節だね。いいよねー子供達は。
夏休みと言えばね、僕が中学一年生の頃の話なんだけどね、韓国にホームステイしてたことがあったんだ。夏休み期間の全てを韓国で過ごしたんだけどね、その時の思い出を今日は書くなり。


「韓国にタダで行ける」という話がオレの耳に入ってきたのは中学1年の夏休みに入る少し前のある日のことだ。当時の僕が住んでいた田舎の中学校と韓国ソウルのなんとかという中学校が姉妹校で5年に1度くらいのペースでタダでいけちゃうというのがあって、それが事の始まりである。
「え?タダですか?タダで海外行けちゃうんですか?」ってなもんでスーパー貧乏育ちの稲ちゃんにはお得な話だ。おかあちゃんおとうちゃんを「タダで海外に行けるんだ」ということで説得し、オッケーをもらい、自ら立候補してそのメンバーにすべりこんだ。
工程的にはこうだ。
まず夏休みに入ると同時に選ばれたメンバーは町の役場に招集され、「韓国の文化、食事、時差、言葉」などを頭に叩き込むという5日間の講習を受け韓国に旅立ち、ホームステイし最終的には国に戻って感想文を書き、町の回覧板的なやつに載せるというのがオレ達に与えられた使命だ。
ところがどっこい稲ちゃんにとってはそんなことはどーでもいいぜ。
まず、その5日間の講習を1日目で飽きるとともに残りの4日間を欠席。
カムサハムニダだけを覚えて韓国に旅立ったって訳だ。出発式みたいなのがあって、町長が来るだの何だのでオレ以外のメンバーは思いのほか難しい講習を受けたこともあり、使命をまっとうしないといけないっていうので頭がいっぱいになっていて飛行機の中ではかなり緊張気味である。Mr.ポジティブ稲森はそんなことは考えてもいないぜ。頭にあるのはホームステイ先の家は男か女か。それだけである。
「男と1ヶ月の生活はキツいっす。神様。お願いします。女子にしてください。」
情報によるとオレが行く家族はパクさんという人だ。飛行機の中では「なぜ講習を受けなかったんだ!」と誰かよくわからない引率のおっさんに怒られながらも軽く受け流しつつ韓国に到着。空港に到着したと同時にホームステイ先の家族達が待ち構えているではないか。そこでパクさん一家とご対面。
なんということでしょう。女子ではありませんか。
しかもマジメそうな雰囲気に芯がありそうな表情。いい女性だ。そう。稲森のタイプだ。うふふ。名前はスービンさんとのこと。ビビアンスーみたいなもんですかな。うふふ。でもこれはこれで困っちゃう。1ヶ月も女子と一緒に暮らしちゃうなんてMr.童貞稲森にとっては困ったもんだ。「いかんいかん。スケベな事は考えてはいけません。なんせスービンさんの親父はあきらかに強面だ。下手な事したら国際問題になりかねんですばい。国に帰れなくなっちゃうよ」
まあそれは置いといて。挨拶もそこそこに早速ソウルの家にご案内。車中ではマジで何言ってるかわからないぜ。だってここは韓国ですからね。ふっふっふ。困ったよん。
お家に到着。
なんということでしょう。パクさんの家はタワーマンションの最上階。ちょー金持ちなのである。そらそうだ。どこの馬の骨かわからないジャパニーズを1ヶ月もホームステイさせるんだから、そりゃ金持ちだ。軽く着替えを済まし晩ご飯をいただきましょう。ちょっとキムチが多過ぎる以外は最高の料理のおもてなしではないか。
そんなホームステイ初日だった訳だ。
言葉が通じないなんてへっちゃらだい。
だって僕はMr.ポジティブ稲森ですからね。
長くなっちゃうのでこの辺でおしまい。
後編へ続く
b0278222_18404260.jpg

[PR]

by kelu-n | 2010-07-25 23:33 | ほかのこと
2010年 07月 17日

大事な言葉

b0278222_182836.jpg

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」
by安西監督

b0278222_18284922.jpg

b0278222_18292617.jpg

「ヘタクソの 上級者への道のりは 己の下手さを知りて一歩目」
by安西監督

b0278222_18294924.jpg

「月に代わってお仕置きよ」
by美少女戦士セーラームーン

b0278222_18304021.jpg

「お前のものは俺のもの。俺のものは俺のもの」
by剛田武

僕は建築設計をやっていく上でこの4つの言葉をとても大事にしているんだ。
[PR]

by kelu-n | 2010-07-17 23:26 | ほかのこと
2010年 07月 14日

シュークリーム事件

一番好きなキノコはエリンギだよ。稲森だよ。

今日は算数の問題を出すよ。
みんながんばって考えてね。

この間の話なんだけどさ。
事務所にお客さんが来たんだけどね、シュークリームを持ってきてくれたんだ。ありがたいよね。
でね。中には10個くらい入ってたんだ。そうだね、事務所には4人いるから均等に割ると一人2.5個だね。みんなで仲良く割ると2.5個だね。これは算数が苦手な僕でもわかる割算だよ。でもシュークリームを半分にするのはクリームがブッと出てきちゃうから危ないよね。だから二人は3個食べて二人は2個食べるのがベストだよね。
仲良く食べる場合はそれがいいよ。
でも僕は5個食べちゃいました。
あまりにもおいしかったので5個食べちゃいました。
さあここで問題です。
10個しかないシュークリームを僕が一人で5個食べちゃいました。
さあこの後どーするというのが問題です。
答えは下だよ↓
























↓↘→+A 波動拳





はい!正解は「謝るのが一番」。でした。
実は算数の問題と見せかけて「人としての問題」だったんですね。

事務所の皆々様。
シュークリームを5個食べてごめんなさい。
心を込めて 稲森より

b0278222_1518553.jpg

[PR]

by kelu-n | 2010-07-14 21:13 | ほかのこと
2010年 07月 10日

建築なう

宮崎県に来てから半年が経ちました。
そんなぼくには友達がいません。
・・・寂しいぜ。
去年の年末に宮崎県に来たのですが、修学旅行で長崎県のハウステンボスに行って以来の九州初上陸だったので、もちろん宮崎県にお友達がいるはずがないわけであります。休日は暇なので本を読むか寝るかみたいなことしかないのだよ。いわいるお友達がいないとどーなるかと申しますと、休日は一人で楽しまなければなりませんね。そんなわけで一人で楽しむ方法を一人で考えて一人で答えを導こうかと思っております。では、一つ一つ挙げながら休日の対処法を考えてみますね。

・本を読む。
・昼まで寝ちゃう。
・ちょっと手の込んだ料理なんか作っちゃう。
・ツタヤさんにお世話になる。
・掃除する。
・ってか洗濯しなきゃ。
・昼間からビール作戦。
・逆に何にもしない作戦。
・外に出る。
・迷子になる。
・宮崎県はよくわからないっちゃ。
・そうだ京都に行こう。
・行くわけないじゃん。
・音楽を聴く。
・恋をする。
・ランニングする。
・筋肉痛になるから結局やめちゃう。
・英会話の勉強とかしてみる。
・韓国語でもいいね。
・フラメンコを習う。
・釣りをやってみる。
・ゴルフを始める。
・フットサルしたいね。
・友達がいなけりゃ団体競技は無理。
・ってか筋肉痛になるから結局やめちゃう。
・ひとりで将棋する。
・ひとりでオセロする。
・全て相手の手が読めちゃう。
・楽しむつもりが逆に寂しくなっちゃう。
・なんでゾウさんのお鼻は長いの?
・それはね。川の水を飲むためだよ。
・なんでキリンさんの首は長いの?
・それはね。木の上の葉っぱを食べるためだよ。
・なんでピカソさんの絵はヘタなの?
・それはね。心が子供のようにキレイだからだよ。
・なんで牛乳を飲むとき小指が立つの?
・親指を立てるとこぼれちゃうからだよ。
・なんで人間は口と鼻で呼吸するの?
・皮膚呼吸が苦手だからだよ。
・なんでユリゲラーはスプーンを曲げられるの?
・知らないよ。
・6月は夏なの。春なの。どっちなの?
・知らねーよ。
・なんで何にでも醤油をかけちゃうの?
・うるせーよ。
・なんで(みちのり÷時間=速度)なの?
・知らないぷー。
・なんでぼくには友達がいないの?
・ぷっぷー。知らないぷー。


ぼくには仕事しかないのかな。
最近の若者の中で語尾に「なう」と付けるのが流行ってるみたいだ。
「今」を伝えたいときに使うらしい。
だから僕も若者の言葉をお借りすると「建築なう」だ。
明日も「建築なう」だ。
10年後も20年後も「建築なう」なんだろう。
b0278222_1595562.jpg

この写真はね、僕の好きな建築家さんの有名な写真なんだけどね。この時92歳なんだって。言葉は悪いかもしれないけど言ってしまえばおじいちゃんだよね。でも、イスに座りながら現場監督に指示する様は最高にかっこいいと思わないかい?
僕の目標はおじいちゃんになっても「建築なう」だ。
[PR]

by kelu-n | 2010-07-10 22:04 | ほかのこと
2010年 07月 01日

ウォシュレットの悲劇

今では当たり前のようにお便器に装備されているウォシュレット。
最近事務所を引っ越したんですがね、そこの便所にはウォシュレットがついているのであります。ウォシュレットを見ると「あの日」を思い出しちゃうんだよね・・・。
画期的な設備の様に思われているのだが、時に恐怖となり人間に襲いかかることがあるのである・・。

これは僕が小学校4年生くらいの頃のおはなし。

ちょーどその頃はJリーグができたばかりでサッカーが人気だった。でね、その日はエキサイトステージ95というスーファミのサッカーゲームをM君(友達)の家でやっていたのだよ。このゲームはコーナーキックからカーブをかけてゴールを決めることができるという今思えば不思議なゲームだ。コーナーキックを蹴らせたらオレの右に出るものはいなかった。「コーナーのイナピー」と言われる程だった。ちなみにイナピーはオレのあだ名だ。その日もコーナーからガンガンに点を重ねて連戦連勝状態だった。
その時だ!
夕方5時のサイレンが町中に響き渡ったではないか。夕方5時のサイレンは小学生の中では「家に帰る時間」の合図なのである。
これは暗黙のルールだ。
おしっこをしてから帰ろうと思った僕はトイレに行ったんだ。ちなみにM君の家はおじいちゃんが政治家、お父さんが議員さんという家なので、ちょーお金持ちの家なのだ。だからM君の家には小学生の遊び道具がいっぱいあるのでほんとに楽しいの家である。その中でもトイレはすごい。当時のトイレとは一味違い、なんというかハイテクなのである。ウォシュレットがまだ世間に知れ渡っていない頃である。

ジャーー。

おしっこを済ませた僕。
水を流すよね。
うん。そうだよね。
あれ?水を流すやつがないよ!
大か小かで90°にひねって流す「あれ」がないよ!
スーパー貧乏育ちのイナピーにはよくわからない便器だ。
どーしたらいいのかなー。
なんか横にボタンがいっぱいあるなー。
M君の家のトイレはすごいなー。
どれが水を流すボタンかなー。
うん?なんかそれっぽいボタンを発見。
ケツめがけて水が出てるイメージ図付きのボタンだぞ。
これかなー。
これしかないよねー。
うん。そうだよね。
よし!押しちゃえ!
エイっ!
その時だ。
なにやら便器の奥深くから突起物が顔を出したではないか。
???
ビューーーー。
うわっ!なんだっ!
オレはイマイチ状況が把握できていない。
突起物からオレめがけて水が飛んできているではないか!
うわっ!なんなんだよ!
パニクるイナピー。
やべー!マジやベー!
水は下に出るもんだろ!
なんで上に飛んでくるんだ!
どーしたらいいんだ。やべーよ。
とりあえず体を回転させ水を避ける。
とっさの判断だ。
水を避けてはいるが、どんどんトイレが水でビチャビチャになっていく。
まずいぜ。
このままでは「コーナーのイナピー」と呼ばれていたオレのあだ名が明日から「便所ビチャ男」となってしまう。コーナーキックで積み重ねてきた名声が崩れ落ちてしまうのである。それはなんとしても避けなくてはならない。
とりあえず、これまたとっさの判断で上にきていたシャツを便器の上にかぶせた。
落ち着け。落ち着け。
とにかく突起物を引っ込めることが先だ。
どのボタンだ!
これか!
エイっ!
ビュビューーーー。
水が強くなったではないか!
オレはこの段階で半泣きだ。
助けを求めるか?
いや。それはまずい。
便所ビチャ男は嫌なんだ。
自分でやるしかない!
自分で切り開くしか道は残っていない。何事においてもだ!
自問自答中のぼく。
イナピーvs突起物(ウォシュレット)の短い戦いが始まった。
そうだ!まず突起物だ!
あいつを引っ込めないことにはオレの勝ちはない。
どれだ!
どのボタンだ!
これか!
今さらビビっててもしょうがないだろ!
シャツも便所もビチャビチャだ!
なんのボタンだろうが関係ないぜ!
エイっ!
するとどーだ。
ビーーーー。という音と共に突起物が引っ込んでいくではないか!
はー。よかったー。
安心するイナピー。
と、その時だ!
ビーーーー。
再び突起物登場!
うわっ!なんなんだよ!
今度は広範囲に向けて水を発射してくるではないか!
この段階で本泣きのイナピー。
ヤベー。マジでヤベーよ。
どうやら突起物は再戦を要求している様子だ。
またシャツを便器の上にかぶせる。
ふー。なんなんだよこの便器は。
その時だ!
外の廊下から物音がする。
気付かれたか?
まずいぜ。
息を止める。
・・・。
ツカツカツカ。
どうやらM君の家族の誰かが廊下を通ったようだ。
ふー。まだバレてないぜ。
一息ついた僕の目の前にあるボタンが見えた。
「止」
!!!
あれ?こんなボタンあったっけ?
エイっ。
ビーーーー。という音とともに突起物が引っ込んでいく。
突起物さんサヨウナラ。
その後はビチャビチャの便所をトイレットペーパーで拭き拭き。
クソ寒い真冬の中をTシャツ一枚で帰りましたとさ・・・。
北陸の冬は厳しいぜ。
僕がその突起物をウォシュレットと知るのはまだ先のことである。
b0278222_1153014.jpg

[PR]

by kelu-n | 2010-07-01 23:38 | ほかのこと