KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 28日

あと一ヶ月

b0278222_11272158.jpg

b0278222_11274043.jpg

[PR]

by kelu-n | 2014-02-28 11:27 | ケンチク
2014年 02月 21日

無題

b0278222_10315398.jpg

[PR]

by kelu-n | 2014-02-21 10:32 | カメラ
2014年 02月 16日

ものづくりの人間

b0278222_1775100.jpg

僕は現場で働く職人さんを尊敬しています。
いつも現場に行ったときは、職人の男前な姿を撮れないかとカメラチャンスを狙っている。
この写真は暴風に耐えながら屋根工事をしている板金屋さんを撮ったものだ。
この日も屋根がキレイに納まるように「あーでもないこーでもない」と設計のお願いを聞いてもらった。職人さんは元請けの工務店からお金をもらって工事をするわけだから設計事務所とはなんら利害関係は無い。今後、他の現場で会わないことの方が多いだろう。同じ利益しかもらえないのであれば、標準的な納まりで楽な仕事をして家に帰って酒を飲みたいだろうし、ぶっちゃけ設計士からお願いされるのはめんどくさいので避けたいと思う。
ただ、そんな仕事をしてもらっちゃーその辺の家と何も変わらないことになっちゃうわけで、自分も仕事としてがんばらないといけない。できるだけ自分も現場に顔を出し、ひとつひとつ説明していく。上の人じゃなくて、できれば工事を実際に行う人に説明できるように努めている。
僕の経験上では「こーしたいんです」って考えを伝えると、ものづくりをしている人間ってのは通じ合える気がするのです。もちろん通じない人もいるんだけど、職人を尊敬して自分の意志を伝えれば難しくてもやってくれるものだ。やっぱり職人さんも根っこにあるのは「いい仕事をする」ってことなんだと思う。利害関係が無いからこそ、50対50の関係で知恵を出しあって物事を進めていくのが僕のやり方だ。

・挨拶をきっちりすること
・名前を覚えるように努力すること
・相手の知恵の引き出しをうまく出させること

この3つが僕の「職人への接し方」で大事にしていることである。
あとは、たまにスケベな話しをするのもいいかもしれないなと最近気づいた。
この工事も大きなケガなく無事に終わってくれれば最高だ。
[PR]

by kelu-n | 2014-02-16 17:09 | ケンチク
2014年 02月 13日

Fism 現場監督&棟梁

b0278222_22471950.jpg

[PR]

by kelu-n | 2014-02-13 22:47 | ケンチク
2014年 02月 05日

寒いから早く帰ろうよ...

b0278222_185744.jpg

[PR]

by kelu-n | 2014-02-05 18:05 | カメラ