KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 29日

☆ 〜地盤調査〜

b0278222_1783461.jpg

どれだけ建物を頑丈につくっても地盤が弱けりゃ意味がない。
2007年に発生した能登半島地震で僕の実家が痛い目にあっている。
実家は僕が生まれる前後に建てたらしいので築30年くらいになるんだけど、
軟弱地盤だったために少し傾いてしまった。

クライアントには「可能であれば土地購入前に地盤調査した方がよいですよー」と伝えている。
このプロジェクトもその流れで進んでいるんだけど、建物のプランも確定したので地盤調査へ。
今日は立ち会いのため現場にいってきました。
地盤改良に大きな工事費をもっていかれるのは勘弁してほしいのだけど、
ここで設計士ができることは祈ることのみである。
バリカタでお願い致します〜(-人-;)
[PR]

by kelu-n | 2015-01-29 17:08 | ケンチク
2015年 01月 24日

1244 7 〜ラワンベニア〜

b0278222_11231981.jpg

人間が家の中で一番見るところってたぶん壁だろう。
日本住宅の壁仕上げで一番多いのは石膏ボードにクロスを張るか塗装するかのどちらかなんだけど、のっぺらぼうな仕上げが嫌いな人や単純にクロス嫌いな人、ローコストにしたい人、木目が好きな人はベニア素地の仕上がりでもいいんじゃないかと僕は思ってる。
1244 7の工房はラワンベニア塗装なし仕上げなんだけど土間コンクリートと露出の鉄骨が合わさって何だかいい感じに仕上がってきている。
無気力でストイックな感じがいかにも「工房」っぽい。
ベニアって日曜大工で使われるイメージがあるし人によっては好き嫌いはもちろんあるだろうけど、特有のストイックさ、優しさ、安さ、施工性、柔軟性を考えるとなかなか素晴らしい素材なんじゃないかなと思う。
ベニアの万能さってまるで僕のようです。冗談です。
[PR]

by kelu-n | 2015-01-24 11:25 | ケンチク
2015年 01月 15日

宣伝?

b0278222_1815177.jpg

http://www.joytree-you.com/

僕の兄が育児雑貨専門店を始めました。
お店の名前は「ジョイツリー」というらしいのですが、
力強い大きな「木」のように赤ちゃんがすくすくと成長してくれることがパパママの「喜び」になる。
という名前の由来があるそうです。
僕の場合「KELUN」という事務所名は「三文字」で「ん」が入っていて響きがよければ何でもいいやって気持ちでつけたので兄弟でも考えは違うもんですね。
育児雑貨に興味のある方はぜひぜひー。
[PR]

by kelu-n | 2015-01-15 18:17 | ほかのこと
2015年 01月 12日

無題

b0278222_894413.jpg

[PR]

by kelu-n | 2015-01-12 08:09 | ほかのこと
2015年 01月 11日

□○■ スタディ中

クライアントから電話がかかってきた。
電話内容は「ベットルームを一部屋増やしたいんです」というものだった。
□○■は大きな空間に2LDKというとても贅沢な使い方をしている間取りだったので一部屋加えることはそんな大変なことではない。
ポジションとしてはRの壁に出入りのための穴を設けてコートとして使おうと思っていた所をベットルームにしようと考えた。
ただ、そうなるとR壁にひとつ扉が増えちゃって中途半端な見た目になっちゃうなーとは自覚していた。
簡単に言うとR壁の良さがちょっと死んじゃうとでも言いましょうか。。。
でも、クライアントに向かって「R壁の良さが無くなっちゃうんですよねー。」と言ってもただの変態設計士だと思われそうなので、要望を叶えた間取りの図面を持っていきましたところご主人から開口一番「そっかー。R壁の良さが減っちゃいましたね」と一言。
自覚していたところをズバリ指摘されちゃった私。
なかなかそんな指摘を受けることは無いので、そのことを引きずりながら年越しを迎えたわけです。

で、ここでへこたれないのが変態設計士・稲森。
そのねばり強さたるや初代・若乃花の土俵際並みです。
「美しいR壁とはなにか」をお題にしておせち料理を食べながら考えていましたら1つのアイデアを思いつきました。
ってことで頼まれてもないけど□○■のスタディ中です。
いい感じです。

b0278222_15313780.jpg

[PR]

by kelu-n | 2015-01-11 15:35 | ケンチク
2015年 01月 09日

1244 7 大工工事

大きく変化の無い1244 7の現場も下地工事が着実に進み、内部のボードを張りはじめた。
リノベーションの仕事で大変なのは既存のものに合わせてつくっていくことである。
壁材にしてもひとつひとつ梁の形に加工して調整しての繰り返しでとても大工さん泣かせだ。
図面描いておいてなんだけど「大工さんに申し訳ないなー」と思う反面、
できあがっていくと「へっへっへ。やっぱこっちの方がいい感じだよねー」と自画自賛したりもする。
大変な仕事を黙々とやっていただいた大工さんには感謝感謝である。
「大工さんのお給料あげといてあげてください」と現場監督に伝えておかなければ。
b0278222_2054986.jpg

[PR]

by kelu-n | 2015-01-09 20:05 | ケンチク
2015年 01月 03日

今年もよろしくねー。

b0278222_15222592.jpg

[PR]

by kelu-n | 2015-01-03 15:25 | カメラ