KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 26日

図面を描くということ

b0278222_16491015.jpg

建築士の仕事の中で図面を描くという業務がある。
図面が無ければ工事もできないし、見積りもできないし、役所に申請もできない。
それだけ重要なものです。
家をつくる上で設計図面は何十枚と描くんだけど、プロジェクトを通して一番労力が必要な部分だ。
時間もかかるし、肩もこるし、すわりっぱなのでなんだかおケツも痛いというとても地味な作業。
今日のブログは「図面」というものがどうして必要なのかをわかりやすく書いた本があるのでそれをご紹介したい。
この本は小学生向けに発売されている本なので買うのがちょっと恥ずかしかったんだけどライト兄弟の話しがあまりにもステキだったので買ってしまったのである。



ライト兄弟の子供の頃のお話しです。



ライト兄弟はお母さんが描く図面を真剣に見つめていました。
「どんなソリをつくりたいの?」とお母さんが尋ねます。
「競争するから誰よりも早く走れるソリをつくりたいんだ」と、ライト兄弟が答えます。
「だったら風の抵抗を少なくする必要があるわね」と、お母さんは返します。
母親が描いた図面は友達が持っているソリとはずいぶん違うカタチのソリでした。
幅が狭く、高さは低くなっていました。
図面には長さも幅もきちんと書き込まれていて、どんな木を使えば良いかも描いてあります。
「図面をつくるのは大切なことなの。元になるものができていれば寸法を間違うことも無いし、材料に迷うことも無い。思い通りの作品ができるわ。」と母は言いました。
競争の日。
ライト兄弟のソリはものすごいスピードですべりました。
「細長くて変なカタチ」と笑っていた友達全員が目を丸くして拍手したほどです。
「まるで飛んでいるみたいだったぞ」とみんなが褒めてくれました。
ライト兄弟はこの時に図面作りの大切さを学んだそうです。



このあとのお話は皆さんもご存知なので書きませんが、たくさんの図面を描いて飛行機をつくったのでしょう。
建築もまったく同じです。
ソリや飛行機と同じで図面はとても重要なもの。
工事をするためだったり役所に提出するためのものでもあるんだけど、
図面の本質というのはよりよいものをつくるためにあるのだ。
小学生向けのひらがないっぱいの本だけど、いいこと書いてあるなーと感心します。



私の目の前にライト兄弟の母親がいたらきっとこんな会話になることでしょう。




稲森「どうやったらかっこいいステキな家を安くつくれるの?」

ライト兄弟の母親(以下 ラ母)「図面を描けばいいのよ。」

稲森「・・・。」

ラ母「ブログなんて書いてないで図面を描きなさい。」

稲森「・・・。」

ラ母「玄関戸の詳細図がまだできてないじゃない。」

稲森「・・・。」

ラ母「キッチンの図面も途中で止まってるじゃないの!」

ラ母「三日後に打ち合わせでしょ!」

ラ母「早く図面かいちゃいなさい!」

ラ母「コストは気合いで何とかしなさい!」

稲森「はい。」



ってな感じですかね。
よーし。
図面かこっと。
b0278222_16513962.jpg

[PR]

by kelu-n | 2015-02-26 16:57 | ケンチク
2015年 02月 13日

☆ 〜実施設計中〜

計画も無事終わり、実施設計に入っている。
大きな宿題もあるんだけど、少しずつ前に進み自分で言うのもなんだけどいい感じ。
これからのステップとして設計が終われば「見積り」という山があるが、なんとか乗り越えたい。
最近の建築業界はめまぐるしく状況が変化し、単価を読むのが難しい。
それに設計図をがんばりすぎればがんばりすぎた分だけ金額がアップしてしまう。
でもお金のことばかり気にして振り回されているとクライアントよりそっちを意識してしまってものづくりに対してピュアじゃなくなる。
これも怖い。でも現実は無視できない。
とても悩ましいのだ。
でも僕は最後までがんばるのだ。
b0278222_15323447.jpg

[PR]

by kelu-n | 2015-02-13 15:17 | ケンチク
2015年 02月 05日

1244 7 〜引戸〜

畳二枚分サイズの引戸が到着。
でか!
これから現場で塗装されます。
b0278222_14505075.jpg

[PR]

by kelu-n | 2015-02-05 14:50 | ケンチク