人気ブログランキング |

KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 20日

Best friend's house ~地縄張り~

いよいよBest friend`s houseの現場に地縄が張られた。
去年、工事契約を終わらせて4カ月たっているので久しぶり感満載のブログであります。
来週に地鎮祭をして無事工事へ入っていきます。

さてさて。
このプロジェクトについてまだがっつり書いたことがなかったので筆をとることにした。
名前の通りこのプロジェクトは『親友の家』である。
いい年して親友というのもなんだが友達という存在がいない私にとっては数少ない存在の人間だ。

昔から彼のことはよく知っている。
一言でいうと風貌はヤンチャだが根はとてもいいやつである。
空気感が近く、小さい時から仲は良い。

私が18歳の頃に能登を出て大阪の学校へ行ったとき、彼は大阪へサンダーバードでやってきた。
遊びついでに久しぶりに来たのだという。
「おまえ大阪の駅何個出口あるんや!わかりにくいやろ!」と、何ギレかわからないキレを炸裂させながら迷子になっていた。
なんということもない話しをし、5帖(共同トイレ)の狭い部屋に住んでいた私のマンションの板の間に寝転がり次の日に帰っていった。
それから彼と会うことはなかったが年に1~2回電話がかかってくる程度の仲であった。

自分が24歳頃だったと思うけど、人間性に難ありの私が建築に打ち込む毎日を送っていて、当時お付き合いしていた人と別れた時にふと思ったことがある。
「あれ?オレ友達いなくない?」と。
うーん。これはマズいな。まあ別にいいか。
まあ強いて言うならあいつか!
ということはなんだ!何人だ!会うこともなくなった人間を入れていいのか?
ってことは0.5人か!と、考えていた。
10年後にそんな彼の家を設計することになるとは当時思ってもいなかった。

時は流れ。
私は大阪と宮崎県で修業をし、27歳の時石川県に戻ってきて独立した。

彼からの電話が入る。
色々話したが印象に残ったのは「お前が建築を始めたと聞いた時からお前に家を建ててもらうのが夢なんや!家を建ててくれ!」と、一言。
その一言に対して人間性に難ありの私が返した一言は「断る!」であった。
これは説明すると長くなるのだけど、基本的に近い人間の仕事は受けないことにしている。
なぜなら良い家にしようと思うと良いこと悪いこと必ず起こるからだ。
なにもなく良い家ができることなんてありえないし、そこそこの設計をして終わるのはありえないので出した答えは「断る!」であった。

独立し、KELUNが5年目になった頃。
基本スタンスは「断る!」であったが、彼が「家を建てる」という気持ちは高まっていた。
彼は諦め、雑誌を読み、設計士を調べ、ハウスメーカーのショールームへ行きと苦戦していた様子であった。

とある日の電話。

オレ「色々調べてるんか?」

彼 「昨日嫁さんとタ〇〇〇ムの展示場行ってきた。」

オレ「あんなもんダメに決まっとるやろ。」

彼 「やっぱりそうなんか?」

オレ「あたりまえやろ!」

彼 「ほいでもいまならエアコン無料サービスらしいぞ。」

オレ「あほ!あんなキンタ〇〇〇ムで失敗するくらいなら俺で失敗せい!」

彼 「ほんなら最初から受けろや!」

こんな会話を交わしこのプロジェクトは無事にスタートした。能登スタイルだ。

スタートしてからはご夫婦そろっての打ち合わせが始まった。
いつも気を使っていただいていた気がする。
素材選定の時もあまりピンと来ていない風であったがヒアリングの時に一言でどんな家がいい?という質問に。
「稲森の家や!」と、答えていた。
ユニークな施主である。


相手のことを理解し、その人のために作れたのであれば、その建築が一番良い結果を生むと思う。
だからひょっとしたら親友の家というスタイルは一番良いのかもしれない。
その結果は11月にわかるであろう。

年をとり、お互い家族ができ、社会というものを理解した。
家づくりというよりも他愛もない話しをできる人間が近くにいることに感謝している。
私は施主に育てられ、助けられ、恵まれた設計士だと最近強く感じる。
建築を通し人として成長していきたい。
もらった恩義は必ず返す。



Best friend`s houseなんて名前つけたら長すぎて色々と面倒だけど、それ以外の名前が見つからなかった。
だからBest friend`s house。よろしく。


b0278222_06045043.jpg










# by kelu-n | 2019-04-20 06:04 | Best friend's house
2019年 04月 17日

春だねー。

大きな仕事を色々とまとめ、ほっと一息の朝。

誰もいない田んぼ道。

田んぼの似合う犬だなー。
b0278222_08431628.jpg


# by kelu-n | 2019-04-17 08:43 | ほかのこと
2019年 04月 10日

無題

b0278222_08575030.jpg


# by kelu-n | 2019-04-10 08:57 | ほかのこと
2019年 04月 06日

新しいプロジェクト

新しいプロジェクトのご依頼をいただきクライアントに会いに金沢へ。
雲ひとつない空。

b0278222_19170959.jpg


# by kelu-n | 2019-04-06 19:17 | ケンチク
2019年 04月 05日

eel ~景観地域~

eelさんの方向性も決まったので、景観地域ならではの手順を踏みながら申請業務を進めています。

市に事前審査へ行き、その後町内会長さんにTEL、まちの審査会長さんへ事前相談にと色々走り回っております。

特殊な地域ならではの申請業務に慣れないながらもクライアントの情熱に支えられがんばっております。

よい建築になりそうです。


歴史ある場所に何かをつくるというのは大変なようだ(^o^)
b0278222_13044710.jpg


# by kelu-n | 2019-04-05 13:05 | eel