KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ケンチク( 77 )


2018年 05月 22日

新しいプロジェクトの現地調査

土地は田んぼ!田植え中!

b0278222_19025515.jpg

[PR]

by kelu-n | 2018-05-22 19:03 | ケンチク
2018年 05月 15日

模型製作。遊び心。

b0278222_16453865.jpg

[PR]

by kelu-n | 2018-05-15 16:45 | ケンチク
2018年 05月 12日

新しいプロジェクト

b0278222_18264481.jpg

[PR]

by kelu-n | 2018-05-12 18:26 | ケンチク
2018年 05月 03日

建築家、走る2

むかーしむかし何かの本で建築家・妹島さん(21世紀美術館の設計者)が、

「同じ本を二冊買ってしまうことがよくある。」ということをどこかの本で語っていました。

忙しい人ってのはそんなことがあるのかー。ふーん。と、おもっていた私。



先日、妻から「この本って二冊あるんじゃない?」と聞かれて、

「え?そんなはずないじゃん。ありえない。オレはそんなミスしないタイプ。おじいさんじゃあるまいし。この本は読んだ記憶ないし。ないない。ありえない。」と、自信満々に答えて購入しました。

ところがどっこい。

本棚に二冊あるじゃあーりませんか。

きゃー。

b0278222_13031467.jpg
誰かこの本欲しい人います?

いい本だよ。

#おっちょこちょい





[PR]

by kelu-n | 2018-05-03 18:17 | ケンチク
2018年 04月 16日

TOKYO

東京在住の方からKELUNにマンション(15戸のワンルームマンション)のリノベーションをお願いしたいと連絡をいただき、

わざわざ東京から石川県まで来てくれるとのことで小松空港までお迎えに行ってきました。

自分に何ができるかじっくり考えながらがんばってみたいと思います。
b0278222_06163529.jpg

[PR]

by kelu-n | 2018-04-16 06:16 | ケンチク
2018年 03月 26日

一乗谷朝倉氏遺跡

最近能美市の現場へ行ったあとにそのまま加賀だったり福井だったりまで足を延ばして建築を見に行ったりしています。
先日も戦国時代の街並みを再現した「一乗谷朝倉氏遺跡」までフラリと。
朝倉氏は応仁の乱をきっかけに103年間にわたって越前を中心に繁栄した豪族。
福井市街から少し離れた場所に朝倉氏の城下町が遺跡として残っている場所があるんですね。
そこに武家屋敷や庶民の町屋がリアルに再現されているんです。
塀の石垣や礎石はそのまま使い、柱や建具などは出土した遺物に基づいて忠実に復元されています。

まあ私のこの当たっているのか怪しい説明はこのへんにしておいて。。。
写真で振り返ってみます。
ここは今の私にグサッと刺さるステキな場所でした。

b0278222_06545536.jpg
受付を通って一望するとこんな感じ。
入場料はお一人210円。
だったかな。
山と川に挟まれた気持ちいい場所。
思っていたより結構広い。
b0278222_06554895.jpg
塀に囲まれた町並みが出現。
塀は結構高めに設定されてる。
見物客は少なめ。
建築学生風な子はいません。

b0278222_06570750.jpg
b0278222_06591849.jpg
石で側溝を作っている。
b0278222_07003038.jpg
それでは一件目にお邪魔します。
愛らしい建物に見えるのはプロポーションとあとはあの庇が原因でしょうか。
b0278222_07014249.jpg
丁番のようなものが上部にありまして、突っ張り棒で支えている簡素なもの。
雨風を防いだり日射を制御したりの庇の役割でもあり、開け閉めできるので防犯や目隠しとしての戸の役割もある。
「お店やってます」みたいな看板の役割もあるのかな。
b0278222_07032050.jpg
横から見るとこう。
b0278222_07043809.jpg
囲炉裏だ。
暖を取るためか部屋の中央にあります。
煮炊きの道具であり夜間は囲炉裏の明かりが当時の照明でした。


b0278222_07044562.jpg
今っぽく例えると気密性は無し。
b0278222_07065136.jpg
二件目へレッツゴー。
昔はコンクリートなんてものは存在しないから礎石の上に柱建てて構造を成り立たせてます。
石に合わせてつくっていくってのは大工さん大変だったろうな。
b0278222_07091522.jpg
b0278222_07092209.jpg
b0278222_07092935.jpg
三件目はトイレまで見れます。
昔のお家は離れにトイレを作ります。
建物を抜けて裏庭にコレ↓
b0278222_07110889.jpg
当たり前だけど昔は水洗トイレじゃないですからね。
夏場のにおいは強烈だったのでしょう。
生活の場とは切り離してつくるものでした。
建物との離れ具合はこんな感じ↓
b0278222_07120344.jpg
b0278222_07120734.jpg
屋根は茅葺きですが、その他は建物と同じくとても簡素なものです。
b0278222_07135993.jpg
裏庭から少しだけ全景が見れました。
屋根材の板が風で飛んでいかないように石でおさえています。
瓦が普及していない時代の生活の知恵であろう。
石置屋根と言います。

b0278222_07175456.jpg
b0278222_07200847.jpg
道路が広めなことから当時はかなりの人がいたのではと考えられます。
右手に見える角地の家にレッツラゴー。
b0278222_07203088.jpg
入った瞬間に人形がいるので油断してるとビックリします。
どうやらお店のようです。

b0278222_07202645.jpg

b0278222_07204007.jpg

図面で見るとこんな感じ。
三間×三間ってことは約9坪。
9坪に店と寝間と土間の空間のみのコンパクトな建築。

b0278222_08000447.jpg
b0278222_08004470.jpg

庇の角度は突っ張り棒の長さ次第。
b0278222_08005134.jpg
b0278222_08005850.jpg
b0278222_08022376.jpg
高い位置まで石垣を積み、その上に土塀。
b0278222_08022844.jpg

次のお屋敷はなにやら先ほどの商家と違い立派なつくりです。
武家屋敷だそうな。
中庭っぽい作り方をしています。
b0278222_08041240.jpg

シンボルツリーあります。
b0278222_08041847.jpg

b0278222_08042420.jpg

b0278222_08042932.jpg

b0278222_08043474.jpg

ステキな床仕上げ。
b0278222_08043995.jpg

さっきもびっくりしたけど人形は毎回ビックリする。
将棋を楽しんでいるようです。
b0278222_08063465.jpg

武家屋敷の構造体はしっかりした材を使っています。
天井も高め。囲炉裏も大きい。
b0278222_08063907.jpg


b0278222_08064576.jpg


武家屋敷主殿はさっきと違い約24坪の広さ。
納戸や前室、奥の間があり離れの座敷もあります。
お庭も立派です。
b0278222_08102453.jpg

b0278222_08103540.jpg

b0278222_08104157.jpg

b0278222_08102914.jpg
かわいい便器。

b0278222_08104625.jpg
b0278222_08105102.jpg
いやー。とてもステキな場所でしたー。
今の時代にこの建築は難しいけど考えさせられるものもたくさんあるし、学ぶものが多い。
建築の世界は深い。


[PR]

by kelu-n | 2018-03-26 08:12 | ケンチク
2018年 03月 18日

永平寺

福井の山奥にある「永平寺」へ。
山の傾斜地に建てられているので変わった建築でした。
写真撮影も自由なのでいくつか撮ってきました。

b0278222_08380481.jpg
福井の山奥はまだ雪が残っていました。
今年は大変だったろうなー。
b0278222_08401197.jpg
b0278222_08410322.jpg
樹齢700年の老杉に囲まれています。
花粉症の人は大変そう。
b0278222_08425362.jpg
230枚の絵が天井に飾られています。
絵天井と言われるそうな。
b0278222_08454087.jpg
b0278222_08460299.jpg
傾斜地に建てられているので階段もいっぱい。
むかーしの学校みたいです。
b0278222_08473848.jpg
b0278222_08475981.jpg
b0278222_08481617.jpg
b0278222_08483307.jpg
↑この写真好き。
b0278222_08492674.jpg
階段はまだまだ続きます。
b0278222_08495342.jpg
回廊形状になっているよ。
b0278222_08534406.jpg
法堂と呼ばれる場所。
景色がいいよ。
b0278222_08545769.jpg
b0278222_08551219.jpg
b0278222_08552559.jpg
b0278222_08554876.jpg
b0278222_08561701.jpg



[PR]

by kelu-n | 2018-03-18 08:56 | ケンチク
2018年 02月 23日

現場シート

工事中に掲げる現場シートを作ってみたの巻。
ごろごろのいえでデビュー予定。
b0278222_16065344.jpg

[PR]

by kelu-n | 2018-02-23 16:07 | ケンチク
2018年 02月 13日

エアコンの室外機

しかし今年は降りますね。

三年分は降ったのではないでしょうか。

毎朝の雪かきは正直飽きてきましたね。。。



ところでどっこい皆さんはエアコンの室外機まわりの雪はどうされてますか?

室外機の周りの雪が原因で「エアコンが温まらない」とか「室外機が動かない」などなど困ったことがおこります。

室外機は建物の裏や家と家の間にあることが多いのでそこまで救出する元気が出ないものですよね。

でもそんな時は長めの板状のものを渡してください。

まずは雪の中にズボっとはまらないようにしちゃいましょう。

我が家の場合だとフローリングのサンプルがあったのでソレで救出に行きました。

こんな感じ↓

b0278222_11131984.jpg

あ!それと注意点なのですが軒先からツララや雪が落ちてくるかもしれないのでそんな時は要注意です。

室外機まわりの雪は吹き出し口から出る冷たい空気によってカチコチに凍っていることが多いのでなかなか壊れません。

氷を砕く際は室外機を傷つけないように注意してね。

あとは気合。

吹き出し口と吸い込み口周辺の雪を30cmは空けるようにしましょう。

吸い込み口がふさがっていると効率が悪くなるばかりか電気代が高くなったり故障の原因となります。

もちろん室外機をフードor屋根付きのものにしたり高置台をつけておくのがベストですが、

我が家はケチったのでどのオプションも付いておりませぬ。

気合でがんばりましたー。

b0278222_11140394.jpg

北陸の人だとみんなが知っているような豆知識でしたがご自宅の室外機がどうか皆様も一度チェックしておきましょう。

これだけの大雪だと予想もしない色んなことがあるので要注意ですね。

早く春が来ないかな。。。







[PR]

by kelu-n | 2018-02-13 11:17 | ケンチク
2018年 01月 13日

かまくら

大変です。

妻が突然かまくらを作り始めました。

その横で「下地弱いんじゃない」とか「床の仕上げはなんだ」とか「シェル構造だ」とかついつい言っちゃう私です。

建築夫婦あるあるですかね。

竣工予定は明日だそうです。


b0278222_11293320.jpg

[PR]

by kelu-n | 2018-01-13 11:29 | ケンチク