KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:□〇■( 8 )


2015年 08月 26日

□○■ ~デザインを育てる~

b0278222_22134933.jpg

このプロジェクトは不思議なカタチをしているので、色々な人から質問をいただく。
「お店なんですか?」とか「え?家なんですか?」とか「タンスとかの家具置きにくくないですか?」とかとか。
好き嫌いがはっきりわかれるプロジェクトだ。
いろんな質問をもらうんだけど、ネガティブな質問にはいつもこう答えている。
「センスのいい、ステキなご夫婦が住む家ですよ。」
と、自信を持って答えている。

このプロジェクトは去年の5月からスタートして、もう今年も8月なので一年三ヶ月経過したことになる。
プロジェクトが一度ストップしたものだから長い設計期間となった。
でも振り返ってみるとその期間でこの家のデザインが育ったとも考えている。
自分は「デザインを育てる」という言葉が最近気に入っています。
プレゼンが終わったら終わり。
設計が終わったら終わり。
見積り決まったら終わり。
工事始まったら終わり。じゃなくて家のことを考え続けてあげて育てていくということ。
そうすれば出来上がりも全然違う。
60点の部分が70点に。
90点の部分が100点に盛っていくこともできる。
そんな気がする。
細かな所も大きな所も含めて、引き渡し数日前でもきっとできることがあると思うのだ。
それとデザインを育てる上でとても大事になってくるのが「施主力」だとも考えている。
自分一人の脳みそで考えるとどうしたってその人の特徴が出ちゃうのでそれじゃあおもしろくない。
クライアントのセンスを引き出しまくって、まとめあげる。
そうすると自分が思ってもなかった所に辿り着けるのだ。
建築はこれが最高に楽しい。
いいモノをつくるときは一人では達成できないのだ。
もちろん設計者の強い意志みたいなのも不可欠なんだけれども。。。

実は今日、□○■の見積り打ち合わせだったんですね。
で、来週の友引に工事契約の予定。
ようやく始まるんだなって気持ちと一年三ヶ月の記憶を思い出したら感慨深いものがある。
自分の努力だけでは乗り越えられない壁がこのプロジェクトにはあったからだろう。
年齢かもしれないがこみ上げてくるものがある。
クライアントとは何度も食事をし、プライベートな話しをいつもしている。
クライアントはいつも僕のことを忘れずに成果を評価してくれている。
クライアントの気持ちに何度も救われている。
こみあげてくるものは脳みそではなく心が感じている気がする。
僕にとってはとても不思議な気持ちだ。
僕みたいな人間がこの仕事で何かを生み出すには情熱しかないだろうと考えている。
僕には完成するまでまだまだ苦しむ義務がある。
だから努力する。
設計者としてこの仕事に関われていることを幸運に思う。
[PR]

by kelu-n | 2015-08-26 22:15 | □〇■
2015年 06月 25日

□○■ 〜模型タワー〜

b0278222_10393177.jpg

設計変更をまとめて再見積りへ。
工事スタートまであとちょっと!
[PR]

by kelu-n | 2015-06-25 10:40 | □〇■
2015年 06月 15日

□○■ 〜家具〜

b0278222_81801.jpg


「ダイニングテーブルとローテーブルも一緒にデザインしてくれませんか?」

というリクエストをご主人からいただき一生懸命考えました。
固定のクローゼットだったりテレビボードだったりは当たり前にデザインすることが多いけど、
テーブルのような置き家具はリクエストをもらわないとやることが少ないので緊張感ありありです。
なのでとにかくスタディが大事。失敗できないもんね。

建築と家具の関係性はお互いにとても大事な存在です。
弁当といえば箸。
カレーといえばライス。
おすぎといえばピーコ。
建築といえば家具。
そう。2つで1つです。

模型のスケールは1/10なのでクライアントにも考え伝わったし、デザインも素材も決まったし、あとは図面を描き上げまする。
それとコストも大事だね。
自分の力を120%を出せるようにがんばりまする。
[PR]

by kelu-n | 2015-06-15 08:21 | □〇■
2015年 01月 11日

□○■ スタディ中

クライアントから電話がかかってきた。
電話内容は「ベットルームを一部屋増やしたいんです」というものだった。
□○■は大きな空間に2LDKというとても贅沢な使い方をしている間取りだったので一部屋加えることはそんな大変なことではない。
ポジションとしてはRの壁に出入りのための穴を設けてコートとして使おうと思っていた所をベットルームにしようと考えた。
ただ、そうなるとR壁にひとつ扉が増えちゃって中途半端な見た目になっちゃうなーとは自覚していた。
簡単に言うとR壁の良さがちょっと死んじゃうとでも言いましょうか。。。
でも、クライアントに向かって「R壁の良さが無くなっちゃうんですよねー。」と言ってもただの変態設計士だと思われそうなので、要望を叶えた間取りの図面を持っていきましたところご主人から開口一番「そっかー。R壁の良さが減っちゃいましたね」と一言。
自覚していたところをズバリ指摘されちゃった私。
なかなかそんな指摘を受けることは無いので、そのことを引きずりながら年越しを迎えたわけです。

で、ここでへこたれないのが変態設計士・稲森。
そのねばり強さたるや初代・若乃花の土俵際並みです。
「美しいR壁とはなにか」をお題にしておせち料理を食べながら考えていましたら1つのアイデアを思いつきました。
ってことで頼まれてもないけど□○■のスタディ中です。
いい感じです。

b0278222_15313780.jpg

[PR]

by kelu-n | 2015-01-11 15:35 | □〇■
2014年 11月 18日

□○■ 屋根の上より

b0278222_8234969.jpg

築30年鉄骨造二回建てのワンフロアーをリノベーションするプロジェクト。
昭和60年生まれの建物なので僕と同級生です。
□○■は前々から屋根を葺き替えるかどうか悩んでいた。
ただ屋根を確認しようにも建物の身長が高く、点検できる場所がなかったので工務店さん協力のもと業務用ハシゴで上へあがることに。
板金屋さん、工務店さん、お施主さんがひょいひょいとのぼっていく。
「あんな高いところに行くなんてみなさんすごいなー」って関心してるわけにはいかないので
高いところが苦手なへっぴり腰設計士も上へ。
ゆっくりとクモのようにのぼる。
屋根の上は空が近いような不思議な感じです。
角度が変わるとまた違った景色。
[PR]

by kelu-n | 2014-11-18 08:24 | □〇■
2014年 11月 15日

キッチン

b0278222_1741840.jpg

僕は料理をつくる。
学生の時は自分でお弁当を作っていたし、会社員の時は週末作っていたし、独立してからは一日三食作っている。
料理をしない人がいいキッチンを設計できるわけないだろうというのが理由だ。
シンクの幅はどれだけ欲しいとか、作業するスペースはどれだけ欲しいとか、電気がいいのかガスがいいのか、食洗機どうとか、水栓はこうだとか、
作業台の高さがどうだとか、チャーハン食べたいとか、冷蔵庫のポジションとか、天板ステンレスだとか、引き出しいいねとかってあげればキリがないんだけど、料理の不満や喜びというのは経験しないと具体性を持って感じられないのだ。
至れり尽くせりの既製品をポンと置くにしたって動線や照度、作業効率など設計者として悩むところはいっぱい。
いま図面訂正中なんだけど不思議な骨格の家ならなおさらむずかしいのである。
明日が打ち合わせなので先に腹ごしらえをして図面に取り組みます。
今日は料理する時間ないのでマックです。押忍。




b0278222_17413811.jpg

なんでこんな寒いのにアイスコーヒーにしちゃったんだろ。
チャーハン食べたい。
[PR]

by kelu-n | 2014-11-15 17:42 | □〇■
2014年 09月 22日

□○■ 模型

b0278222_191438.jpg

新しいプロジェクトの模型写真アップ。
リビングに見えないけどココがリビングです。

50坪のひろーいワンルーム空間に住宅をつくるというリノベーションプロジェクトでクライアントからの要望は特に無かった。
「大きな空間」「要望特に無し」となれば逆に提案は難しく、なんだか設計者として試されているような気がしてフラれないように複数提案させていただいた。
4案ある中でクライアントが迷わず選んだのがR壁がある一番不思議な間取りの案であった。
改めて模型を作っていて思ったのだが、この案をプレゼンする設計者も変わっているがこれを選んだクライアントも変わってらっしゃる。
変わってると例えると何だかクライアントに失礼に聞こえるかもしれないが僕的には「最大級の褒め言葉」なのです。
選んでいただいて感謝感謝です。
変わっている案は設計者のエゴのようにも見えるし、ふざけているようにも見えるかもしれないが決してそんなことはなく、ただただいい家を作ろうとする僕とクライアントの共同作業の賜物であり、悩んで辿り着いた完成系なのである。
実施設計も無事終わり、見積りも順調に進み施工会社も確定した。
あとは着工を待つのみ。
ステキなご夫婦のためにステキな家を引き渡したいと強く思っている。
[PR]

by kelu-n | 2014-09-22 19:14 | □〇■
2014年 07月 13日

急ぎ

油断してワールドカップ三位決定戦ブラジル対オランダを早朝から普通に見てしまった。
プレゼンまで残りあと三時間。
模型切り上げて、図面打ち出さないと。
やばーい\(^o^)/
b0278222_6595331.jpg

[PR]

by kelu-n | 2014-07-13 07:00 | □〇■