KELUN BLOG

kelun.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 12日

おさんぽ

脳みそクールダウン。
b0278222_19122405.jpg

[PR]

# by kelu-n | 2018-08-12 19:13 | ほかのこと
2018年 08月 12日

新しいプロジェクトの現地調査

新規のクライアントさんから土地を見てほしいと連絡があり調べたら事務所から8分の場所なのでブイーンと行ってきた。

町屋形式の建物が並ぶ「THEウナギの寝床」な土地。

ここまで細長い土地は世の中になかなかないんじゃないかな。おもしろそう。
b0278222_19095568.jpg

[PR]

# by kelu-n | 2018-08-12 19:10 | ケンチク
2018年 08月 11日

イカ

先月完成したごろごろのいえのクライアントから釣りたて(取りたて?)の新鮮なイカをいただいた!
うれしー!どうやっていただこうかしら!ありがたやーm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m   
引っ越してからの感想もいただいたりして、幸せな一日でした。
感謝してこれからもがんばっていきますー!ありがとうございますー!
b0278222_16111307.jpg

[PR]

# by kelu-n | 2018-08-11 16:13 | ごろごろのいえ
2018年 08月 11日

Y project


昨日はこのプロジェクトのプレゼンの日でした。

場所が金沢の景観条例地域なので屋根勾配や、外壁の色などに厳しい規制がかかるというプロジェクト。
簡単にいいますと和風な作りで周囲から目立つな。
できれば建物の高さは抑えて、看板は立てるな。
色も地味なのにしなさい。ほいで屋根はできれば瓦だ。
金は出さないけど口は出すぜ。
あと木も植えなさい。
手入れ?そんなものは知らない。
責任は一切取らないぜ。

まあ簡単に説明すると景観条例というのはそんな場所です。
関西でサラリーマンとして設計していた時もあったのですけど、京都や彦根などがそうでした。
こちらよりも厳しく取り締まっていたし、町並みにその景観条例が生きていたのも見たことがあります。
設計の自由度は少なくなりますがなんだか景観地域っておもしろそうでしょ。

一般的には施主にさえ喜んでもらえれば住宅設計はOKなのです。
外壁が赤と白のボーダーラインの家でも施主が望み、喜んでくれるならそれでいい。
でも今回はちょっと違う。
景観地域では「社会的な意義」も考えなさい。と、言われている気がするのです。

特殊な地域ではあるんだけどあらゆるものの成り立ちを考え、柔軟な姿勢で取り組んでクライアントに喜んでもらえたらなと思っております。
そしてご近所さんからも「立派な家できたね」と言ってもらえるようなお家にできればなと考えております。
とても自信があるんです。
クライアントを喜ばせることも。
良い家にできることも。

がんばります。

b0278222_08251530.jpg


[PR]

# by kelu-n | 2018-08-11 08:30 | 瓦の家
2018年 08月 05日

家事動線

どうもみなさんこんにちは。KELUNの稲森です。
石川県白山市の田んぼに囲まれた場所でのんびりと建築設計事務所をしております。
2013年に事務所を設立し6年目のまだまだ若い事務所です。
そんなKELUNちゃんですが、今年の6月頃からたくさんの方に声をかけていただき、来年に完成するであろうプロジェクトが次々と動きはじめました。
ありがたやー。来週も初面談の方が二組いらっしゃいます。本当にありがたい限りです。感謝感謝。
そんな日々を送っている事務所なのですが、家づくりの進め方としてはクライアントとやりとりをし私がプランを考えるのですが、模型をつくるのはスタッフです。
スタッフと言いましても私の妻です。
妻は家事をこなしながら模型作業をやってくれています。
最近は模型作業がピーク期に入り、事務所の机が小さいし効率が悪いということで台所の机で黙々と作業を始めた妻。
まあ台所の机も狭いんですけどね。
台所で模型つくっている設計事務所なんて世の中にあるんですかね。ぷぷぷ。

皿を洗い、米を炊き、模型を作り。

キュウリを漬け、掃除機をかけ、模型を作り。

洗濯をし、風呂を洗い、模型を作り。

女性は強いです。そして日々忙しい。

私も負けないように家事動線の良いプランを考えたいと思います。

b0278222_16044554.jpg





[PR]

# by kelu-n | 2018-08-05 16:11 | ケンチク